相続の悩みは税理士や弁護士に相談~即解決士業のプロ~

弁護士

トラブルを避ける

遺産相続という古くて新しい問題

法律

近年、また注目を受け始めてきている問題として、「遺産相続」の問題があります。 これは金がらみという事で、非常に解決が困難なものが多く、中には殺傷事件にまで発展してしまうケースも存在します。 そのような重大な問題ですから、こうした事例に関しましては、「弁護士」のような専門家に依頼して、法的解釈を踏まえながら解決するのが望ましいでしょう。 なんと言いましても、遺産相続に関しましては、身内の問題だけに、問題になるケースが多いのです。たとえば生前贈与や介護の貢献度、そういったものは素人で判断するのは困難であり、また不動産等も、売却するのが相当か、それとも誰かが引き継いで、相当額を他に払うかは、意見が分かれる事が多いからです。

弁護士選任時の注意点

このような場合には、どうしても「弁護士」という、第三者的立場で法的な判断ができる存在が必要になって来るのです。 さらに被相続人の遺言があっても、「遺産相続」は問題になるケースもあるので、そういう意味でもここは、法律の専門家である「弁護士」という存在を入れる必要性が大きいと言えるでしょう。 ただしこの時に、「弁護士」の選任に関しては、絶対に気をつけておきたい部分があります。それは、この選任は、「第三者機関」に委託して行ってもらうという事です。 これがもしこの、「遺産相続」問題の当事者の誰かが行ったという事になれば、当然にその人に便宜をはかるように依頼されているのではと、他から勘ぐられる可能性があり、新たな問題を生む可能性があるからです。弁護士には相続以外にも離婚の悩みも相談することができ、飲食店を経営する際は税理士に相談するなど目的に応じて法律に詳しい専門家に相談すると良いでしょう。

事前に準備が必要

シニア

相続は直面するまで何もしない人が多いのですが、事前に準備しておかなければ後に慌ててしまう他トラブルにもなりかねません。そのため、流れを把握する他にも準備しておくことによってトラブルを回避することが出来ると考えられます。

詳しくはコチラ

税の悩みを相談

電卓

私たちは普段、所得税や消費税など税金を支払っているのですが詳しい人は僅かなものだと考えられます。特に相続税となると実際に経験しないとわからないもので、節税など知りたい場合は税理士に相談することが望ましいです。

詳しくはコチラ

いろいろな問題

六法全書

よくある親戚や家族である問題には相続の問題があります。これ上手く対応していかなければなりませんが問題はこれにとどまらず相続でかかる税金での問題も発生しているのが現状なのです。

詳しくはコチラ