相続の悩みは税理士や弁護士に相談~即解決士業のプロ~

弁護士

税の悩みを相談

税金に関する相談は税理士にしましょう

電卓

最近相続税法の大改正が実施されましたが、その内容を詳しく知っている人はあまり多くないだろうと考えられます。サラリーマンであれば、所得税や住民税が毎月の給料から天引きされます。また、日々の買い物の際などに必ず消費税を取られていますので、所得税や住民税、消費税などの増税が実施されれば、その影響を切実に感じることになります。しかし、相続税は自分が相続人の立場に置かれない限り何ら関係のない税金であるため、法律の改正に注意を払う人がさほど多くありません。ですが、今回の改正によって、従前であれば税金を支払う必要がなかった人までが、相続税の支払い義務を負うようになりました。適切な対応を取らないと、多額の税負担を負う可能性が出てきましたので、専門家を利用して節税対策を講じるようにするのが望ましいです。税金問題のプロは税理士ですから、税理士に相談するのが一番です。

税理士に相談できる内容について

自分の死後に残される家族が、相続税の支払いで大変な思いをすることがないようにしたいと考えていのであれば、税理士に相談して、具体的な節税アドバイスを受けるようにするのがよいです。一般庶民からすると考えられないほどの資産を持っているお金持ちの場合は、孫や縁故者などを自分の養子にして、控除額の拡大を図ることがあります。しかし、今回の税法改正によって配偶者以外の相続人1人あたりの控除額がかなり引き下げられたので、わざわざ養子縁組するまでの意味があるかどうかは微妙なところです。実際には、更地の上に賃貸物件を建築する方法や、生前贈与を活用する方法などを教えてもらうことができます。生前の節税対策はどれもある程度の時間がかかる方法ですから、なるべく早いうちに税理士に相談するようにした方がよいでしょう。